ここから本文です

農業改革に協力要請=JAを自ら訪問―山本農水相

時事通信 9月21日(水)17時8分配信

 山本有二農林水産相は21日、全国農業協同組合中央会(JA全中)を訪れ、幹部らと意見交換した。

 政府が環太平洋連携協定(TPP)の発効を見据えて推進する農業改革への理解を求め、JA側も協力する姿勢を示した。

 農水相とJA側はこれまでにも会合を開いてきたが、大臣自らJA側に乗り込むのは異例。

 山本農水相は、「農家により近い立場であるJAグループと意見の一致が無ければ、全ての政策が無駄になってしまう」と強調し、農業の成長産業化に向けて協力を呼び掛けた。JA全中の奥野長衛会長は、「原点に立ち返り、しっかりと改革を進めていきたい」と述べた。 

最終更新:9月21日(水)17時15分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。