ここから本文です

武井壮がスポーツ番組司会「やりを刺していきたい」

日刊スポーツ 9月21日(水)16時49分配信

 陸上競技・10種競技の元日本チャンピオンで、タレントとして「百獣の王」を目指す武井壮(43)が21日、大阪市北区のMBSテレビで行われた秋の番組改編発表会見に飛び入り参加した。

【写真】武井壮、別れた母親に「産んで良かったって思って」

 同局は10月5日から、スポーツ情報を掘り下げる新番組「戦え!スポーツ内閣」(水曜午後11時58分)をスタートすると発表。同番組の進行をブラックマヨネーズ・小杉竜一とともに務める武井が、改編会見にも出席した。

 既に同局スタッフと3回、打ち合わせを重ねており、そのたびに「食事会で僕の独演会になっている…。5時間以上、僕のスポーツへの思いをしゃべり続ける異常事態になっています」と打ち明けた。

 というのも、10種競技で日本チャンピオンになった武井は「日本一になれたのに、これだけの物しか手に入らないのかと失望を覚えた」と言い、自らはタレントに転身して、活動の幅を広めた。

 それだけに後輩アスリートには、自らのプロデュース力を磨くよう求めており「僕は熱すぎるので、小杉さんに柔らかくしてもらって、今のスポーツ界にブスブス、やりを刺していきたい」と話していた。

最終更新:9月21日(水)17時1分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。