ここから本文です

篠原信一が“一本負け” 柔道のようにはいかず惨敗

日刊スポーツ 9月21日(水)17時13分配信

 オリエンタルラジオ中田敦彦(33)が自信満々のキャラをさく裂させた。

 21日、都内で行われたSEGAのゲーム「ぷよぷよ!!クエスト」の新CM発表会でのことだ。

【写真】篠原信一、あのドゥイエ氏と“世紀の誤審”語る

 CM中では、一般ユーザーの中田がゲームをするうちに「ぷよクエ」最強の男となる設定で、この日、挑戦者として堂々と登場したのは柔道家の篠原信一(43)だった。が、柔道着姿で登場した篠原がゲーム初心者であることが分かり、ゲーム上で中田の弟子にあたるフルーツポンチの村上健志(35)が対戦することに。

 結果は篠原の惨敗で、中田からは「篠原さん、柔道では最強かも知れませんが、最強違いですよ。これは頭脳戦ですから」と上から目線の厳しい言葉が飛んだ。ステージ上では篠原が涙に暮れて幕となったが、イベント終了後の囲み取材では「台本通りに負けましたけど、本当はゲームもそこそこ強いんです」と負け惜しみともとれる発言も。

 一方で、柔道と「ぷよクエ」とどっちが難しい? と質問が飛ぶと「これはSEGAさんのイベントだから『ぷよクエ』と言っておいた方がいいかな。いや、そんなことをいったら柔道界に怒られるな…」と、中田とは対照的な小心キャラをのぞかせ、笑いを誘った。

最終更新:9月21日(水)18時39分

日刊スポーツ