ここから本文です

窪塚洋介 スコセッシの評価が自信に…主演舞台「常識ぶっ壊したい」

スポニチアネックス 9月21日(水)14時21分配信

 俳優の窪塚洋介(37)が主演する舞台「怪獣の教え」が21日、東京・Zeppブルーシアター六本木で初日の幕を開けた。

 演劇と映像、音楽を融合させた新感覚のエンターテインメントで、昨年11月に続く再演。窪塚は、「映画やドラマで学んできた自分の力が、最大限発揮できるのが舞台。編集がきかないからこそ、全身全霊をぶつけられる場所です」と意気込んだ。

 米のマーティン・スコセッシ監督が遠藤周作の小説を映画化した「沈黙 サイレンス」(来年公開予定)で海外進出も果たしたが、「スコセッシに見初められ、毎日のように評価されたことは自信になった。夢を見ているような時間だったし、1本1本が命懸け、これが最後という気持ちは変わっていない」ときっぱり。そして、「1回、ぶっ壊しちゃった方がいい世の中になっているので、社会全体ということではないけれど人の心や常識をぶっ壊したい」と自信をのぞかせていた。

 共演は渋川清彦(42)と太田莉菜(28)で、公演は25日まで。

最終更新:9月21日(水)14時21分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。