ここから本文です

除染作業させ給料脅し取る=容疑で弘道会系幹部ら逮捕―愛知県警

時事通信 9月21日(水)17時18分配信

 知人を東京電力福島第1原発事故の除染作業に従事させ、給料計約540万円を脅し取ったとして、愛知県警は21日、恐喝の疑いで指定暴力団山口組弘道会系組幹部、山本宏海容疑者(43)=愛知県江南市藤ケ丘=ら男2人を逮捕した。

 同容疑者は「今は言いたくない」と認否を留保しているという。

 逮捕容疑は2014年7月3日、岐阜県の知人男性(60)に江南市内で暴行を加え、「借金を返す当てはあるのか。除染の仕事なら日当1万5000円ぐらいになるだろう」などと脅迫。同年9月~今年4月ごろの間、福島県内で除染作業に従事させ、この間の給料全額を脅し取った疑い。

 県警中川署によると、男性は4月ごろ、体調を崩して除染作業をやめていた。 

最終更新:9月21日(水)21時17分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。