ここから本文です

松岡修造氏、錦織に「謝りたい」!?“昔は泣かされた”発言受け…

スポニチアネックス 9月21日(水)14時46分配信

 スポーツキャスターの松岡修造氏(48)が21日、都内で「ミズノ ウォーキングシューズLD40 4」プロモーションビデオ発表会見に出席した。

【写真】「脳裏ウオーキング」のアドバイスを披露した松岡修造氏

 同社のブランドアンバサダーを務める修造氏は登場するやいなや会場をウオーキング。「五輪、全米、デビスカップで錦織圭さんにノリノリにさせてもらったから!」と笑顔。同商品を履き、「1回履いちゃうと他のシューズが履けなくなる!」と熱くPRした。

 イベントでは一般参加者が来場し、修造氏にメタボの悩みを相談する一幕も。「運動したいが、仕事帰りは体がキツイ」という女性の悩みには「運動ってキツくなって初めて筋肉が動く。だから疲れてるときこそ歩く!キツイときこそ脳も喜んでる!」と熱くアドバイス。ダイエットに何度も失敗しているという女性には「実は僕はすごく太りやすい体質。1メートル84で74キロだった時もあった。そんな僕が一番大切にしているのは歩くこと」と告白。「(リポーターを務める)『くいしん坊!万才』のロケは1回撮ると2時間空くから、その時間に全国の山とか歩いてる。だからくいしん坊行くと逆に痩せる」と明かし、参加者を喜ばせた。

 最後に修造語録として「脳裏ウオーキング」という言葉をプレゼント。「笑顔、型を脳裏にしっかり焼き付ければ、間違いなくいいウオーキングができて、体もいい方向にいく!」とアドバイスした。

 また、愛弟子の錦織圭(26=日清食品)が前日20日のイベントで「僕も小さい頃は修造さんに何回も泣かされた。人前で英語で話せとか無理やりやらされてメンタルが強くなった」と修造チャレンジ時代のエピソードを明かしたことを受け、「時を戻せるなら謝りたい」と独り言のようにつぶやいていた。

最終更新:9月21日(水)15時10分

スポニチアネックス

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。