ここから本文です

クリールカイザー一発気配が漂う/オールカマー

日刊スポーツ 9月21日(水)17時18分配信

<オールカマー:追い切り>

 前走の七夕賞で5着と上々の走りを見せたクリールカイザー(牡7、相沢)は、坂路を単走で追われた。

 2本目に4ハロン53秒0-12秒8。相沢師が「時計は出ていたね」と言う通り、前日の大雨で馬場が悪い中では上々の時計。前走後に放牧に出し、状態はフレッシュ。「中山の2200メートルなら前走のような競馬ができるはず。勝つならこの距離」と一発気配が漂う。

最終更新:9月21日(水)21時17分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]