ここから本文です

アルスマグナ主演映画挨拶に染谷俊之、太田基裕ら仲間が大集合!LiLiCoも乱入

音楽ナタリー 9/21(水) 22:20配信

アルスマグナの主演映画「ザ・ムービー アルスマグナ危機一髪!」の舞台挨拶が本日9月21日に東京・新宿バルト9にて行われ、アルスの5人や染谷俊之、輝山立、蒼山真人、太田基裕ら作品の主要キャストが登壇した。

【この記事の関連画像をもっと見る】

この映画は、アルスマグナが初めて主演を務めたもの。彼らの通う私立九瓏ノ主(クロノス)学園を舞台に、謎の転校生3人組により解散の危機に立たされるアルスの5人がどうやってピンチを乗り越えるのか、その姿が描かれる。

舞台挨拶に立った感想を司会の流れ星から問われた九瓏ケントは「なんだか今実感していますね。『映画を撮ったんだなあ』って」としみじみ語る。アルスの共演者たちは次々に作品に出演した感想を明かしていき、アルスのライバルとなる転校生3人組・美少年隊の佐藤を演じた染谷俊之は「以前から一方的にアルスマグナさんを知っていたので、共演できてうれしかったです」、同じく美少年隊の田中を演じた蒼山真人は「撮影を通してアルスマグナさんのファンになっちゃって。今日もパソコンでダンスの動画を見てから来ました!」とはにかむ。また夏子先輩役のキンタロー。は「(神生)アキラくんと(泉)奏くんが私を取り合うシーンがあります」と冗談を言い、神生アキラから「ないわ!(笑)」とツッコミを受けていた。

なお、ステージにはスペシャルゲストとして、LiLiCoが演じる学園の保健医・ソソ子先生が登場。LiLiCoの知り合いだという彼女は、作品について「LiLiCoはすっごいワクワクして、元気になったって言ってたわよおー!」と登壇者に伝え「でもソソ子は出たかったわ。続編とかないの?」とリクエストした。ソソ子先生の登場で壇上が一層賑やかになると、なぜかここでソソ子先生が手にしている大きな注射器を使った「注射注入の儀」が行われることに。ソソ子先生の狙いは彼女のお気に入りだという神生に向けられ、特大の注射をお尻で受け止めた彼は「うわあー!」と苦悶の表情を浮かべていた。

また、作品の主題歌となっているアルスマグナの新曲「EverYell」について話題が及ぶと、神生は「この曲で『みんな1人じゃない』って思いが伝われば。映画を観たあとに、改めて楽しんでもらえたらと思います」と観客に語りかけた。最後の挨拶では榊原タツキが「素敵なキャストさんと、素敵な映画ができました!」とコメントし、朴ウィトは「僕らの熱い友情とエンタメ性あふれる笑いが詰まった作品です」とアピール。泉奏は「今回、また“アルスの輪”が広がったと思います。この映画を通じて、また幸せと笑顔をみんなで作っていけたら」とアルスメイト(ファンの総称)に伝えた。本作の上映は9月23日まで。

最終更新:9/21(水) 22:20

音楽ナタリー