ここから本文です

伊集院光がゲストと映画を語る書籍発売、宮藤官九郎や石野卓球、崔洋一が登場

映画ナタリー 9月21日(水)22時52分配信

2016年9月まで放送されたTBSラジオ「週末TSUTAYAに行ってこれ借りよう」が、「伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1」として書籍化され、9月23日に発売される。

本書は、映画好きのゲスト8名がオススメ映画の見どころを伊集院光に語る「みるまえに編」と、その映画を観た伊集院がゲストと語り合う「みたあとで編」で構成。ゲストの太田光は「ジャイアンツ」、宮藤官九郎は「マッキー」、石野卓球は「ブルーノ」、山本晋也は「お早よう」、崔洋一は「太陽の墓場」、戸田奈津子は「情婦」を選ぶなど、バラエティに富んだ作品がそろう。伊集院による放送後記や未公開トークも収録されている。

伊集院光の今週末この映画を借りて観よう vol.1
宝島社 2016年9月23日(金)発売
価格:1296円

最終更新:9月21日(水)22時52分

映画ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。