ここから本文です

独10部 大量失点のGKが逮捕!周囲も困惑「警察は何も話さない」

スポニチアネックス 9月21日(水)16時42分配信

 ドイツの大衆紙エクスプレス(電子版)は17日、ドイツのアマチュアリーグ、クライスリーガC(10部)のSVフォンダーオルトに所属する25歳のゴールキーパー(GK)が大量失点を喫した後に逮捕されたと報じた。

 同紙によると、SVフォンダーオルトはライバルチームのPSVオーバーハウゼンとの試合で何と0―43で敗戦。前半だけで35失点を喫したとのこと。43失点を許したGKが逮捕されるのは、その試合の5日後。SVフォンダーオルトの練習中に2人の警察官に連行され、GKはその際に「警察はちょっとしたことを解決したいのさ」と話していたという。

 現時点で警察側はコメントを差し控えており、このGKの身柄が拘束された理由は不明。これには周囲も困惑の色を隠せない。SVフォンダーオルトのトレーナーは「何のために警察が彼を連行したのか分からない。43失点を喫し、そして、法によって連れて行かれた」と話し、チームの代表も「警察は我々に何も話そうとしない。彼(大量失点を喫したGK)の携帯にもつながらない。次の試合までには戻ってきてほしいよ」と表情を曇らせているそうだ。

最終更新:9月21日(水)16時42分

スポニチアネックス

スポーツナビ サッカー情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。