ここから本文です

藤田寛之「くすぐったい」ホスト大会で奮闘誓う

日刊スポーツ 9月21日(水)18時14分配信

 男子ゴルフのダイヤモンドカップが22日、大阪・茨木CC西C(7320ヤード、パー70)で開幕する。ベテラン藤田寛之(47=葛城GC)は21日、練習ラウンドを行った。

【写真】谷原秀人「あと5、6勝」初の賞金王より世界50位

 今大会を主催する三菱商事とスポンサー契約を結んでおり、ホストプロになる。「僕、ホスト大会って珍しいんですよね。(用具使用契約を結ぶ)ヤマハは女子の大会だし、それ以外もなくて…。ちょっとくすぐったい」と苦笑いするが、発奮材料になるのは間違いない。

 頑張る要素は他にもある。開催コースの茨木CCは関西屈指の名門。また大会がアジアンツアーとの共催でもあり、セッティングにはナショナルオープンを思わせるシビアさだ。

 「雨で下がソフトなこともあって、ランが出ない。7300ヤードでランがないなら、7500ヤードみたいなもの。しかもパー70でしょ? (日々)アンダーパーが出れば、本当に上出来。これだけ難易度が高く、本格的なトーナメントは少なくなってきた。でも、僕はそういうトーナメントが好きですから」

 今季は序盤4戦で3度予選落ちを喫したが、その後はなし。トップ10こそ1試合だけだが、持ち前の粘り強さでスコアを作ってきた。「このコースのレベルと、今の自分のレベルがかみ合っていないのがもどかしいけど、できるなら上位を目指したい」と奮闘を誓った。

最終更新:9月21日(水)18時32分

日刊スポーツ