ここから本文です

永井龍雲と広瀬倫子のシングル、新レーベルAge Free Musicより発売

音楽ナタリー 9月21日(水)23時21分配信

テイチクエンタテインメントの新レーベル・Age Free Musicから、永井龍雲と広瀬倫子のニューシングルが本日9月21日にリリースされた。

【この記事の関連画像をもっと見る】

Age Free Musicは"大人の音楽"を提供することをコンセプトに立ち上げられたレーベルで、音楽評論家の富澤一誠が作品の監修、プロデュースを担当している。今回レーベルの第1弾リリースとして、永井龍雲の「顧みて」と広瀬倫子の「生まれ変わって」のシングル2作品が発売された。

永井は1978年にシングル「想い」でデビューしたシンガーソングライターで、作詞作曲を手がけた五木ひろしのシングル曲「暖簾」で「第22回日本作詩大賞」の優秀作品賞を受賞した経歴を持つ。本日リリースのニューシングルには表題曲に加え、カップリング曲「親友への手紙」と各カラオケ音源を含む全4曲を収録している。広瀬は富澤プロデュースのもと2013年にデビューしたシンガーで、"大人の純情恋愛ソング"をテーマとしたシングル2作を発表している。今回発売されたシングルには、レーモンド松屋が作詞作曲を手がけた「生まれ変わって」のほか、カップリング曲「真っ赤な花びら」と各カラオケ音源が収められている。YouTubeでは「顧みて」と「生まれ変わって」のミュージックビデオが公開中。

シングルのリリースを記念し、永井と広瀬は10月15日に東京・J-SQUARE SHINAGAWAにて無料ライブ「永井龍雲 & 広瀬倫子 スペシャル・ライブ in 品川」を実施する。対象店舗にて「顧みて」もしくは「生まれ変わって」を購入すると先着で本公演への応募ハガキが配布され、応募者の中から抽選で50組100名がライブに招待される。

またAge Free Musicからは富澤監修のコンピレーションアルバム「大人のカラオケ 選曲名人」も本日9月21日に発売されており、本作には西城秀樹の「眠れぬ夜」やBEGINの「三線の花」など全15曲を収録している。

なお9月25日(日)放送のBSジャパンの音楽番組「名曲は時代を超えて」には富澤、永井、広瀬と西崎緑が出演。番組では永井が楽曲を制作する過程を追ったドキュメントなど、Age Free Musicについての特集が展開される。

富澤一誠 コメント
"演歌・歌謡曲"でもない、"ポップス"でもない、良質な大人の音楽を「Age Free Music」と私は名づけています。4700万人以上ともいわれるエイジフリー世代は、音楽を青春時代のテーマソングにして育ちました。そんな彼らが今求めているのがAge Free Music(エイジフリーミュージック)なのです。

永井龍雲「顧みて」収録曲
01. 顧みて
02. 親友への手紙
03. 顧みて(カラオケ)
04. 親友への手紙(カラオケ)

広瀬倫子「生まれ変わって」収録曲
01. 生まれ変わって
02. 真っ赤な花びら
03. 生まれ変わって(カラオケ)
04. 真っ赤な花びら(カラオケ)

「大人のカラオケ 選曲名人」収録曲 / アーティスト
01. 眠れぬ夜 / 西城秀樹
02. 三線の花 / BEGIN
03. カリフォルニアにあこがれて / 堀内孝雄
04. 暖簾 / 五木ひろし
05. 金沢望郷歌 / 松原健之
06. せめて今夜だけは / 前川清
07. 井の頭線(シングルバージョン)/ あさみちゆき
08. 鮨屋で… / すぎもとまさと
09. 夕陽を追いかけて / TULIP
10. オホーツクの海 / 松山千春
11. しおさいの詩 / 小椋佳
12. 潮騒静夜 / STARDUST REVUE
13. いのちの理由 / 岩崎宏美
14. 風の盆恋歌 / 石川さゆり
15. 帰らんちゃよか / 島津亜矢

「永井龍雲 & 広瀬倫子 スペシャル・ライブ in 品川」
2016年10月15日(土)東京都 J-SQUARE SHINAGAWA
OPEN 14:30 /START 15:00
<出演者>
永井龍雲 / 広瀬倫子

BSジャパン「名曲は時代を超えて」
2016年9月25日(日)16:00~17:30
<出演者>
富澤一誠 / 永井龍雲 / 広瀬倫子 / 西崎緑

最終更新:9月21日(水)23時21分

音楽ナタリー

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。