ここから本文です

C型肝炎薬詐取を指示=容疑で女逮捕―警視庁

時事通信 9月21日(水)18時21分配信

 生活保護受給者は医療費が無料となる制度を悪用したC型肝炎薬詐取事件で、警視庁組織犯罪対策特別捜査隊は21日、詐欺容疑で、住居不定、無職人見香代子容疑者(45)を逮捕した。

 同隊によると、人見容疑者は詐取役の受給者を探すよう会社役員の男=詐欺罪で公判中=に指示したとされ、「間違いない」と容疑を認めているという。

 逮捕容疑は1~3月、生活保護を受給していたC型肝炎患者の男が服用すると偽り、相模原市の病院からC型肝炎の新薬「ソバルディ」84錠(計519万1200円相当)をだまし取った疑い。 

最終更新:9月21日(水)18時25分

時事通信

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。