ここから本文です

<患者申し出療養制度>混合診療例外、初承認 抗がん剤治療

毎日新聞 9月21日(水)22時15分配信

 保険適用されない薬や治療法と保険診療を併せて受ける混合診療を例外的に認める「患者申し出療養制度」の申請を審査する厚生労働省の評価会議は21日、胃がんの腹膜(内臓を覆う薄い膜)への転移に対する抗がん剤の腹部投与の治療法について承認した。新制度での承認は初めて。10月にも東大病院で実施される。

 承認されたのは、抗がん剤の「S-1」と「パクリタキセル」による治療。パクリタキセルを腹部に直接投与することで治療効果が高まると期待されるが、直接投与は保険が適用されない。全額自己負担なら170万円程度掛かるとされるが、患者申し出療養制度の適用により、患者負担は90万円程度となる見込み。

 この治療法は、以前からある混合診療の例外措置「先進医療」で既に実施され、患者の生存期間の延長がみられている。しかし、対象者に基準があり、希望しても受けられない人がいた。今後は東大病院なら審査なしで、他の医療機関でも東大病院と連携することで2週間の審査で承認され、希望者は迅速に治療を受けられるようになる。同病院は年間100人程度を予定している。

 厚労省によると、先進医療を受けられなかった患者から申し出があり、東大病院が実施計画を作成。同病院の申請を厚労省が9月7日に受理していた。21日の評価会議では、対象者に関し、肺や脳など離れた部位への転移のある患者には実施しないなど計画の一部修正を求めた上で、申請を承認した。【細川貴代】

 ◇患者申し出療養制度

 保険の使えない薬や治療法と保険診療を併せて行う混合診療は原則禁止され、保険が使えず全額自己負担になる。患者の申し出を受けて医療機関が国へ実施を申請する「患者申し出療養制度」は例外として保険診療部分が3割などの自己負担で済む。申請から原則6週間以内に厚生労働省の評価会議が承認の可否を判断する。これまでの例外措置「先進医療」は承認まで半年程度かかっていた。

最終更新:9月21日(水)22時15分

毎日新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。