ここから本文です

大坂なおみ「焼き肉食べたい」世界12位を粉砕

日刊スポーツ 9月21日(水)19時19分配信

<女子テニス:東レ・パンパシフィック・オープン>◇第3日◇21日◇東京・有明コロシアム

【写真】大坂なおみ強い!サービスエース7本エース土居粉砕



 世界66位の大坂なおみ(18)が、焼き肉パワー全開だ! 14年全豪準優勝で同12位のチブルコバ(スロバキア)を6-2、6-1のわずか63分で粉砕し、この日もコート上で「見に来てくれて、ありがとうございます」とペコリ。

 第1セットは第3ゲームから、第2セットは第2ゲームから6ゲームを連取する圧倒的なパワー・プレー。世界の強豪チブルコバが、手も足も出ない圧勝劇だったが、大坂が試合中に考えていたのは「(今日も勝ったら)焼き肉食べたい」だった。前日も焼き肉店に行き充電。パワーもりもりで、12位を撃破。このレベルでの大会で初の8強入り。12位は、大坂が倒した過去最も高い世界ランクとなった。

 次戦では全米準優勝で同6位のプリスコバ(チェコ)-同107位のサスノビッチ(ベラルーシ)の勝者と対戦する。

最終更新:9月21日(水)19時24分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。