ここから本文です

稀勢の里、綱遠のく=大相撲秋場所11日目

時事通信 9月21日(水)19時49分配信

 土俵下に転げ落ちた稀勢の里は無表情で花道を引き揚げた。直接対決で豪栄道に3差をつけられ、綱とりが厳しくなる3敗目。支度部屋では言葉を発しかけたが、「フーッ」と荒い息を漏らすだけだった。

 場所後の横綱昇進について八角理事長(元横綱北勝海)は「終わってから」と明言を避けたが、観戦した横綱審議委員会の守屋秀繁委員長は「今場所(後)はもうないでしょう」。

 二所ノ関審判部長(元大関若嶋津)は「厳しいよね」と語った上で、「(来場所に)つないでいってほしい。実力があるのはみんな分かっているのだから」と願っていた。

最終更新:9月21日(水)19時54分

時事通信