ここから本文です

千代の国、松鳳山に敗戦も…感慨深い4年半ぶり対戦

日刊スポーツ 9月21日(水)21時33分配信

<大相撲秋場所>◇11日目◇21日◇東京・両国国技館

 東前頭6枚目の千代の国(26=九重)が、同7枚目の松鳳山(32=二所ノ関)に押し出された。突っ張り合いも、引いたところをつけこまれた。「後手後手になって、いいようにやられちゃいました。(相手は)速いっすね」と話した。

 敗戦に悔しさはもちろん残るが、感慨深い対戦でもあった。「何年かぶりの対戦、というのがあって…。(初めての対戦は)十両に上がった場所くらいに当たったんです」。初対戦は2011年名古屋場所、千代の国が新十両の場所だった。その後、互いに幕内に上がり、4度目の対戦となったのは12年春場所。その後は両ひざのケガなどで一時は番付を三段目まで落とし、4年半もの間、対戦がなかった。

 初土俵は松鳳山が06年春場所で、千代の国は同年夏場所という、ほぼ同期。千代の国は「何か楽しかった。うれしかったんです」と表情を和らげた。

最終更新:9月21日(水)21時33分

日刊スポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]