ここから本文です

「揺るがぬ姿勢」強調=緩和継続を約束―黒田日銀総裁

時事通信 9月21日(水)21時0分配信

 黒田東彦日銀総裁は21日の記者会見で「緩和を継続するという強力なコミットメント(約束)を導入し、目標実現に向けた揺るぎない姿勢を示した」と述べ、新しい政策枠組みの意義を訴えた。「マイナス金利政策は効果があるが、長短金利操作付き緩和でさらに強化した」と強調した。

 これまで「戦力の逐次投入はしない」と繰り返してきた黒田総裁。会見でも「何か手詰まりになったということはない」と明言し、「そのときそのときで最も適切な政策を行う。様子を見て追加という考え方では全くない」と強気で応じた。

 枠組みの変更については「考え方は変わっていないが、金融調節をマネタリーベースの操作から利回り曲線(長短金利)の操作に変えた」と説明。物価上昇の障害になった原油価格下落などに関しては「金融政策ではコントロールできない。外的要因がなければ2%の物価安定目標は達成できた」と主張した。

 政府には「財政運営、構造改革を引き続きしっかりやっていただきたい」と注文を付け、物価目標実現の遅れに焦りもにじませた。マイナス金利政策の副作用については「金融機関の収益へ今後どんな影響が出るかは留意をしている」と配慮を示した。 

最終更新:9月21日(水)23時26分

時事通信