ここから本文です

はやぶさ・ヒカル「全部が初挑戦」ファンクラブ限定ライブで観客沸かせる

スポーツ報知 9月21日(水)21時16分配信

 男性3人組歌謡グループ「はやぶさ」が21日、東京・築地本願寺のブディストホールで、所属事務所・長良グループ主催のイベント「NAGARA FESTIVAL 2016~秋~」(20~24日)でファンクラブ限定ライブを行った。

 ファンのリクエスト曲のみで構成され、オープニングは故・坂本九さんの大ヒット曲「上を向いて歩こう」を初披露。ヒカル(29)は「島のブルース」、ヤマト(23)は「想いで迷子」、ショウヤは「サボテンの花」(23)などをそれぞれソロで熱唱した。ラストは新曲「流星のロマンス」(11月2日発売)で締めくくり、観客を沸かせた3人。ヒカルは「今回は全部が初挑戦だったので、新しい発見がたくさんありました」と喜びを爆発させた。

 また、歌手・岩佐美咲(21)らとともに、朗読劇を披露。童話「三匹の子豚」と「赤ずきんちゃん」を組み合わせ、アレンジした「三匹の子ぶたと嫌われものの一匹狼」では、3人がまぬけな子豚の三兄弟を、動物と話せる赤ずきんを岩佐が演じ、会場から大拍手を浴びた。

最終更新:9月21日(水)21時16分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。