ここから本文です

ハム天王山制す、大谷9勝目/21日プロ野球まとめ

日刊スポーツ 9月21日(水)21時53分配信

<プロ野球>◇21日◇東京ドーム◇4試合

【セ・リーグ】

◆巨人マイコラスが完投4勝 中日大野は10敗目

【写真】ロッテ清田また頭部死球…美馬に激怒

<巨人5-2中日>◇21日◇東京ドーム

 巨人は3回に中日先発大野を攻め、ギャレットの2点適時打で先制した。先発マイコラスは3回まで2安打無失点の立ち上がり。

 中日は巨人マイコラスに苦戦し、6回まで2安打無得点に終わる。先発大野は4回以降立ち直り、投手戦に持ち込んだ。

 巨人マイコラスが2失点に抑え、今季初完投で4勝目を挙げた。中日大野は6回2/3を5失点で10敗目を喫した。

【パ・リーグ】

◆日本ハム天王山制して再び首位に、大谷9勝目

<ソフトバンク1-2日本ハム>◇21日◇ヤフオクドーム

 日本ハムは2回にレアードが38号2ランを放ち先制。ソフトバンクは日本ハム先発大谷に3回まで1安打無失点に抑えられる。

 ソフトバンクは5回、1死一、三塁から本多の右前適時打で1点差に。日本ハムは6回2死二、三塁の好機も大野が三振で無得点。

 日本ハムは大谷が8回1失点で9勝目。9回はバース、谷元と小刻みにつないで得点を許さなかった。これで再び首位に立った。

◆ロッテ逃げ切りCS進出に王手 スタンリッジ7勝

<ロッテ2-0楽天>◇21日◇QVCマリン

 ロッテ・スタンリッジと楽天美馬の両先発が、抜群の立ち上がり。3回まで両軍の安打はロッテ鈴木の1本だけ。投手戦となった。

 ロッテは6回、清田が頭部死球を受け、楽天美馬が危険球退場となると、代わった金刃から岡田が中前適時打を放った。

 ロッテは7回途中から継投でしのいで逃げ切った。先発スタンリッジは7勝目。チームはCS進出に王手をかけた。

◆オリックス代打駿太がV打 西武のCS進出は消滅

<オリックス5-2西武>◇21日◇京セラドーム大阪

 オリックスが序盤で2点をリードした。初回に吉田正の適時二塁打で1点を挙げ、3回はT-岡田の犠飛で2点目を追加した。

 西武が4回に反撃。2死から森が左中間を破る二塁打を放ち、続く山川の左前打でホームを踏んだ。オリックスは4回以降は無得点。

 西武が7回に追いついたが、オリックスは8回に代打駿太の適時打で勝ち越し。西武のクライマックスシリーズ出場は消滅した。

最終更新:9月21日(水)22時5分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報