ここから本文です

梨田監督「完投と思っていた」美馬の危険球退場嘆く

日刊スポーツ 9月21日(水)22時41分配信

<ロッテ2-0楽天>◇21日◇QVCマリン

 楽天梨田昌孝監督(63)が6回の攻防を嘆いた。

【写真】危険球で退場する美馬

 攻撃では0-0の同点で迎えた1死二塁からペレスが中前打を放つも、二塁走者島内が本塁でタッチアウトとなった。島内のスタートが遅れた点に触れ「打球判断。外野のポジションや肩を確認しておけば、打った瞬間にスタートが切れる。4回にも、他の選手でアウトカウントを間違える走塁があった」と指摘した。

 その裏に先発の美馬が清田に頭部死球を与え危険球退場処分となり、緊急登板の2番手金刃が岡田に決勝適時打を浴びた。「美馬は球数も少なかったので7回8回、完投もと思っていた。予想外すぎる。完全に準備ができあがっていなかったが、金刃を送るしかなかった」と悔しがった。

最終更新:9月21日(水)23時56分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]