ここから本文です

奥原希望「ゾクゾクした」リオ五輪銅から凱旋試合

日刊スポーツ 9月21日(水)22時41分配信

<バドミントン:ヨネックス・オープン・ジャパン>◇第2日◇21日◇東京体育館◇1回戦

【写真】奧原、山口との対戦も「ぶつかり合えれば」

 リオデジャネイロ五輪女子シングルス銅メダルで、世界ランク3位の奥原希望(21=日本ユニシス)が同22位のデンマーク選手を2-0で退け、連覇へ好発進した。

 男女通じ、日本人初のシングルスメダリストとして迎えた凱旋(がいせん)試合。「プレッシャーや緊張は五輪に比べたら比べものにならない」。だが、入場する際に大きな拍手を受けると「ゾクゾクした」。注目される喜びを感じながら試合に入った。

 ただ十分な実力は出せなかった。五輪後、テレビ出演などに引っ張りだこで、休めたのは4日だけ。練習も思うように積めず、この日も細かいミスが目立った。今の状態を聞かれると「その日その日の100%を出したい」と言葉を濁した。

最終更新:9月21日(水)22時57分

日刊スポーツ