ここから本文です

栗山監督「しびれた」手負いで好守の陽岱鋼を絶賛

日刊スポーツ 9月21日(水)23時2分配信

<ソフトバンク1-2日本ハム>◇21日◇ヤフオクドーム

 日本ハムがソフトバンクとの直接対決初戦に守り勝って、首位に再浮上した。

【写真】日本ハム陽、肋骨痛みに耐えスーパーキャッチ連発

 2回にレアードの38号2ランで先制。「8番投手」とDH解除のリアル二刀流で先発した大谷は、8回まで1失点と好投。1点リードの最終9回は一打逆転サヨナラ負けのピンチだったが、途中出場の中堅・陽岱鋼の好プレーで虎の子の1点を守りきった。右肋骨(ろっこつ)を痛めている陽岱鋼は7回にも患部をフェンスに直撃させながら大飛球を好捕して勝利に貢献した。

 天王山初戦を接戦で制した栗山英樹監督(55)は「こっちもしびれたし、選手もしびれたと思う」と、緊張感あふれる首位決戦を振り返り、好守を連発した陽岱鋼には「ダイカンらしさが存分に出ていた」と、たたえた。22日は最後の直接対決が控える。勝てば優勝マジック「6」が点灯するが、負ければソフトバンクに「8」が点灯。「1つ負ければ、こっちは本当に苦しくなる」と、劇的勝利にも気を引き締めていた。

最終更新:9月22日(木)9時6分

日刊スポーツ

スポーツナビ 野球情報

MLB 日本人選手出場試合9月28日(水)

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]