ここから本文です

オリックスの駿太、無欲の殊勲打=プロ野球

時事通信 9月21日(水)22時17分配信

 オリックスの駿太が勝負強さを示した。2-2の八回2死満塁の好機に代打で登場。フルカウントから2球ファウルで粘り、甘く入った変化球を逃さず右前へ2点適時打を放った。「何も考えずに打席に入ったのが良かった」と無欲の一打を振り返った。

 今季は調子が上がらず、打席数が大幅に減少。シーズン終盤の殊勲打に、「ヒットが出ると出ないでは全く違う。ほっとしている」と一息ついた。

最終更新:9月21日(水)22時20分

時事通信