ここから本文です

【オールカマー】ゴールドアクター、朝一番の緩い馬場も力強く先着!

スポーツ報知 9月22日(木)6時5分配信

◆オールカマー追い切り(21日・美浦トレセン)

 グランプリホースの対決で注目される、天皇賞・秋の前哨戦、オールカマー・G2(25日、中山、1着に優先出走権)は、昨年の有馬記念の覇者ゴールドアクターが美浦のWコースで好仕上がりをアピールした。

 雨の匂いが残る朝6時。吉田隼は、開場一番のWコースでゴールドアクターを丁寧にエスコートした。3馬身追走したトーセンアーネスト(4歳500万)との距離が縮まった残り100メートル。大きなストライドで加速し、6ハロン83秒5―13秒1で1馬身先着した。

 「水を含んでグチャグチャだったので、一番に入って馬場のいいところを通った。動きはいつも通り」。淡々と振り返りながらも、吉田の表情には変化が見えた。「負荷がかからなかった」と浮かない顔だった1週前とは違い、この日は納得した様子。「週末に思ったより調教をやってくれたので、軽めだった分は取り戻せた。反応はいつも通りでした」と冷静にジャッジした。

 1番人気に推された前走の天皇賞・春は12着。「イレ込みすぎた。もともと気が入りやすい馬だが、今までで一番だめだった」と鞍上は悔しさをかみしめる。その原因となったのが早めの輸送。ゴールデンウィークの渋滞を避けるため、木曜に美浦を出発し、競馬場で過ごしたことがあだとなった。「賢い馬なので、競馬場に着くとレースだと分かるんです」と二藤部助手。“ホーム”の今回は直前輸送。前走のような心配はないはずだ。

 春秋グランプリホースの対決が注目されるが、敵は自身の中にある。「気性は変わらないけれど、大事な秋初戦。余裕を持って迎えたい」と中川調教師。課題の精神面を克服してリスタートする。(石野 静香)

最終更新:9月22日(木)13時37分

スポーツ報知

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]