ここから本文です

オーストラリア、10・11W杯アジア最終予選・日本戦のメンバー発表

スポーツ報知 9月22日(木)6時5分配信

 オーストラリア・サッカー協会は20日、10月の2018年ロシアW杯アジア最終予選(6日・サウジアラビア戦、11日・日本戦)の同国代表メンバー23人を発表した。

 国内組はFWティム・ケーヒル(36)=メルボルンC=1人だけで、あとは元浦和のDFマチュー・スピラノビッチ(28)=杭州緑城=、元千葉のMFマーク・ミリガン(31)=バニヤス=ら全12か国・地域のリーグから選出された。JリーグでプレーするFWネイサン・バーンズ(28)=F東京=は選ばれなかった。オーストラリアは2戦2勝で、現在B組首位を走っている。

最終更新:9月22日(木)6時5分

スポーツ報知

スポーツナビ サッカー情報

海外サッカー 日本人選手出場試合