ここから本文です

野村周平が超能力高校生に!ヒロインは黒島結菜…来春公開「サクラダリセット」

スポーツ報知 9月22日(木)6時6分配信

 俳優の野村周平(22)が、2部作「サクラダリセット 前篇/後篇」(深川栄洋監督)で5本目の映画主演を飾る。

 原作は河野裕氏の同名ファンタジー小説。住民の半数が特殊能力を持つ街・咲良田(サクラダ)で、野村は過去の体験を忘れない「記憶保持」の能力を持つ高校生役。最大3日間、時間を巻き戻す「リセット」の能力を持つ女子高生(黒島結菜)と行動を共にし、2人の能力を組み合わせることで亡くなった同級生をよみがえらせようとする。

 冷静沈着、頭がキレるクールなキャラクターを演じる野村は「2部作の主役でセリフも多く、挑戦的な部分もあるけど頑張りたい。お客さんの反応が想像できない作品ですが、そこがまた楽しみ。悔いが残らないよう素晴らしい作品にしたい」と気合十分。初共演のヒロイン・黒島は「感情の起伏があまりないので、細かい部分の揺れを大事にしたい。セリフ以外のしぐさ、表情など小さい変化でも伝えられるように頑張りたい」と意気込んだ。すでにクランクインし、来春公開予定。

最終更新:9月22日(木)6時6分

スポーツ報知

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。