ここから本文です

広島は平和願う「86」、巨人は沢村栄治の「14」…過去の同一背番号着用ゲーム

スポーツ報知 9月22日(木)6時6分配信

 DeNAは21日、今季限りでの引退を表明した三浦大輔投手(42)の長年にわたる活躍に敬意を表し、本拠地最終戦となる24日・巨人戦(横浜)で、三浦の背番号「18」を選手全員で着用すると発表した。過去に行われた主な同一背番号着用ゲームは以下の通り。

 ▼西武「24」 球界初の試みとして12年7月1日・日本ハム戦(西武D)、同4日・ソフトバンク戦(ヤフーD)で稲尾和久氏の「24」を着用

 ▼巨人「14」&阪神「19」 14年3月10日のオープン戦・巨人―阪神(伊勢)で巨人が沢村栄治氏の「14」、阪神が西村幸生氏の「19」を着用

 ▼広島「86」 広島原爆投下から70年の節目となる15年8月6日の阪神戦(マツダ)を恒久平和を願う「ピースナイター」として「86」を着用

 ▼メジャーリーグ「42」 黒人の人種差別撤廃に貢献した元ドジャース、ジャッキー・ロビンソンの「42」を全球団が毎年4月15日に着用

最終更新:9月22日(木)16時45分

スポーツ報知

スポーツナビ 野球情報