ここから本文です

YOSHIKI、NY“聖堂”で東フィルと共演へ「革命を起こせれば」

オリコン 9/21(水) 5:00配信

 X JAPANのリーダーでピアニストのYOSHIKIが19日(現地時間)、米ニューヨークで会見を行い、来年1月12・13日に同所のカーネギーホールで東京フィルハーモニー交響楽団とともに『YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL Featuring Tokyo Philharmonic Orchestra』公演を開催すると発表した。2014年にX JAPANとしてロックの殿堂マディソンスクエアガーデン公演を開催し、ソロではクラシックの聖堂カーネギーホール公演を行う唯一無二のアーティストとなる。

【写真】NYカーネギーホールを視察したYOSHIKI

 会見後、カーネギーホールの場内外を視察したYOSHIKIは「シューベルトやベートーヴェンに影響され、4歳からピアノのレッスンやクラシックの勉強を始めました。幼少期にトランペットも5年ほどかじり、10歳から作曲を始めました。その後、並行してロックの道にも進み、一昨年前にニューヨークのマディソンスクエアガーデンで公演を行い、一つの夢がかないました。今回、クラシックのアーティストとしてカーネギーホールで公演をすることができて、また一つの夢がかないます」と感慨深げ。

 メインホールで行われる同公演では、1911年に創設された日本で最も長い歴史を持つオーケストラで、昨年の米CNN調査で「世界で最も優れたオーケストラ TOP10」に選出された東京フィルハーモニー交響楽団の47人と共演。YOSHIKIは「本当に光栄です」と喜び、「ロックで学んだ経験を活かし、クラシックとしてもある種の革命を起こせればと思っています」と抱負を語った。

 あわせて、2014年以来2年ぶりとなる『YOSHIKI CLASSICAL SPECIAL WORLD TOUR』の第2弾開催も発表。12月5日の大阪城ホール公演を皮切りに、同6~8日に東京国際フォーラム3days、同29日に香港Asia World Expo公演を行う。

 YOSHIKIは1999年に天皇陛下御即位10年奉祝曲「Anniversary」、2005年に日本国際博覧会『愛・地球博』公式イメージソング「I’ll Be Your Love」、12年に『第69回ゴールデングローブ賞』テーマ曲「The Golden Globe Theme」などクラシック作品を多数手がけ、作曲家/ピアニストとしても世界的な注目を集めてきた。

最終更新:9/21(水) 18:58

オリコン

なぜ今? 首相主導の働き方改革