ここから本文です

【NBA】昨季低迷のネッツ、目先の勝利よりも選手たちの成長を重視

ISM 9/21(水) 14:19配信

 ブルックリン・ネッツは、現地27日に2016-17シーズンのトレーニングキャンプを迎える。ショーン・マークスGMは20日、今季の成功について、単に勝敗だけではなく、選手たちがいかに成長するかが重要だと語った。

 ネッツは、ブルックリンに本拠地を移転した最初の数年間でポール・ピアース、ケビン・ガーネット、ジョー・ジョンソンなどのビッグネームを獲得し、3年連続でプレーオフに進出した。しかし、昨季は21勝61敗と大きく低迷。ロシア人オーナーのミハイル・プロホロフ氏は、球団買収の際に5年以内の優勝を大胆に宣言したが、その期限は過ぎ、今では腰を据えたチーム作りを支持している。

 ネッツは、コーチ、選手ともに、今季のチームが高く評価されていないことを認識している。だからこそマークスGMは、チームの成功は、勝敗だけで評価されるものではなく、いかに選手が成長するかが重要だとコメント。「これは2~3カ月で結果が出るものではない。以前も言ったように、我々はつかの間のものではなく、強い基盤作りのために戦略的、組織的になされたものを求めている」と語った。

 今季のネッツのベストプレーヤーはブルック・ロペスだが、2012年に“リンサニティ”ブームを起こし、このオフに街に戻ってきたジェレミー・リンにも期待が掛かっている。リンがニューヨーク・ニックスでリーグを席巻したときにアシスタントコーチを務めていた、現ネッツ指揮官のケニー・アトキンソンHCは、「彼にとって大きなチャレンジだが、準備はできていると思う。彼のキャリアでちょうどいいタイミングだろう」と、リンの奮起に期待した。(STATS-AP)

最終更新:9/21(水) 14:19

ISM