ここから本文です

アルピー平子、天海主演ドラマ“ダブル祐希”共演「斜め上のものすごい緊張」

オリコン 9/23(金) 10:00配信

 お笑いコンビ・アルコ&ピースの平子祐希が、10月13日スタートのフジテレビ系連続ドラマ『Chef~三ツ星の給食~』(毎週木曜 後10:00)の第1話にゲスト出演することがわかった。今年7月期の“月9”『好きな人がいること』の第6話で、バスの運転手として登場するなど地上波ドラマ出演歴を持つ平子だが、役柄上でキャストと絡むのはこれが初めて。主演の天海祐希と“W祐希”として共演を果たす。

【他キャスト写真】敵対するオーナーに小泉孝太郎

 同ドラマは三ツ星レストランで活躍する天才シェフ・星野光子が失った名誉を取り戻すため、給食づくりに挑んでいく痛快エンターテインメント。平子は二ツ星レストランのオーナー・浅井正敏としてスーツにネクタイ姿でビシっと決め、光子に引き抜き話を持ちかけ、自分のレストランを三ツ星にしようと画策する…という人物。

 初共演の天海とのシーンでは「たぶんみなさんが想像するより、ちょっと斜め上のものすごい緊張」で臨んだ平子は、「『こちらの緊張をどう解きほぐそうか?』という、とても優しい気遣いが感じられました。例えば、二人とも下の名前が“祐希”で、漢字も一緒ということは珍しいので、それをとっかかりに、名前の由来などをお話してくださって…。そこで一気に緊張が解けて、自分らしい演技をすることができました」と天海の対応に感謝。

 自身の演技への点数をつけるとするなら「短いセリフでしたが、ドラマの中で“掛け合い”というのは、ほぼ初めてだったので…甘く見積もっても…92点ですね」と自信をみせつつ「冗談ですが…。どういう風な顔で、どういう風に撮られているのかが、自分では全く想像がつかないので、第1話の放送をみて、耳まで真っ赤にして、後ろにぶっ倒れて、地元の友達からのメールを待つだけですね(笑)」と戦々恐々しながら楽しみにしていた。

 初回は午後10時15分から15分拡大。

最終更新:9/23(金) 10:00

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]