ここから本文です

海外でも話題のBABYMETAL、初の東京ドーム公演で見た人気の理由

オリコン 9/22(木) 8:40配信

 4月からスタートしたBABYMETALのワールドツアーが、9月19日、20日の東京ドーム2日間の公演で幕を下ろした。3人組のキュートな女の子たちでありながら、いまや海外でも人気は絶大。同ツアーで、日本人初のイギリス・ウェンブリーアリーナでのワンマンライブも成功させるに至った。BABYMETALの何が、ここまで人々を惹きつけるのだろうか。東京ドーム公演初日の模様から、その魅力に迫る。

【写真】貫禄すら漂うSU-METALほか、メンバー個人ショット

◆360度観客に囲まれたステージ、熱気に満ちた超満員の東京ドーム

 8ヶ国22公演に及ぶ3度目のワールドツアーを締め括る、BABYMETAL初の東京ドーム公演の初日。圧倒的な存在感で観る者を釘付けにし、過去最高のパワーと表現力でステージを彩ったBABYMETALは、明らかにこの東京ドームで大きな進化を遂げた。それは “伝説”と呼ぶに相応しいライブだった。

 東京ドームだというのに、全方位に容赦なく観客を詰め込んだセンターステージ。そこから3方向に伸びた棺型の花道の間にも、もちろんぎっしりと人が入っている。BABYMETALの3人が歌い踊るメインステージは、360度回転。そのステージの真上に設置した円筒型の巨大モニターには、常に正面からの3人の姿が映し出されるため、どこの席に座っても真正面からその姿を楽しむことができた。そうした配慮があった上で、なんとこの2日間での動員数は11万人! まずはそこに、単なる流行りでもにぎやかしでもない、アーティストとしてのBABYMETALの存在意義が語られていた。

◆もはや神聖さすら漂う、爆音にも負けない3人のポテンシャル

 冒頭のアナウンス通り、MCなしアンコールなしのノンストップで行われた構成も、彼女たちの描く世界のスマートさとパワフルさを伝えるには最適の方法といえるだろう。「Road of Resistance」で、ステージのてっぺんから神の降臨のごとく悠々と現れ、「ヤバッ!」ではメインステージを回転させながら全方向へアピール。SU-METALのまっすぐ伸びていくハイトーンの心地良さと、ダンスのスピード感をぐんぐん上げながらも笑顔を絶やさないYUIMETALとMOAMETALのキュートさに、いきなりノックアウトされた。

 とにかく、ステージで人を惹きつけるエンタテイナーとしての、レベルが高い。もともとこのBABYMETALを結成する際、女王的な魅力のあるメインボーカルと、その両脇で踊る天使のような子たちをイメージした、という話を聞いたことがある。目の前にいるのはまさに神秘的な存在感を持つSU-METALと、ふわふわと宙を漂うように可愛らしいYUIMETALとMOAMETALだ。そんなBABYMETALは、決して“大人に作られたメタル系アイドル”というような存在ではなかった。激しいサウンドと高速のリズムに怯むことなく、音量をキープしたまま歌いあげ、トップギアのまま体全体で踊り続ける彼女たちのポテンシャルの高さがあってこそのワールドツアーであり、11万人の東京ドームなのだ。大画面に映る巨大な羽根とSU-METALの映像を重ね、翼を広げたような姿で聴かせたミディアム「Amore‐蒼星‐」は、透明な歌声とあいまってその場の熱気を神聖な空気へと塗りかえた。

◆東京ドームを操った18歳と17歳、BABYMETALは新たな伝説へ

 「GJ!」や「4の歌」など、YUIMETALとMOAMETALによるコール&レスポンスの煽りタイムもじつに楽しい。コミカルなポーズといたずらな表情で、集まった観客たちの心の殻を次から次へと剥いでいく。その柔らかくなったところに、真っ白なメイクを施した神バンドのメンバーが強靭な演奏をガンガンに流し込み、魂からビリビリと痺れさせる。そこから一気にキャッチーかつラウドな「ギミチョコ!!」「KARATE」と続け、観客の盛り上がりも最高潮に。観客全員に配られたシンクロライト搭載のネックコルセットが一斉に光り、場内に宇宙空間のような美しさを醸し出す。そして瞬く光の中、BABYMETALと人々のつながりを歌ったラストの「THE ONE」で、長い長い大合唱とともに終焉を迎えた。

 とことんストイックかつクール、それでいてキュート。まだ10代の、18歳と17歳の3人が魅せる全身全霊のライブに、心をざぶざぶと洗われたような気持ちになった。そしてこの東京ドーム公演でまたひとつの伝説を刻み込んだBABYMETALは、12月にレッド・ホット・チリ・ペッパーズのUKツアーにゲスト参加するなど、すでに次なる道のりへと向かっている。その伝説の行く末を、私たちは見守るべきだ。
(文/川上きくえ)

最終更新:9/26(月) 18:56

オリコン

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

失うことで不完全さの中に美を見出した芸術家
画家のアリッサ・モンクスは、未知のもの、予想しえないもの、そして酷いものにでさえ、美とインスピレーションを見出します。彼女は詩的で個人的な語りで、自身が芸術家として、そして人間として成長する中で、人生、絵の具、キャンバスがどう関わりあってきたかを描きます。 [new]