ここから本文です

【GOLF】大阪初のゴルフコースでホストプロ藤田が2年ぶり制覇を狙う

ISM 9月21日(水)14時57分配信

 国内男子ツアーとアジアンツアーの共同主管で開催されるアジアパシフィック ダイヤモンドカップゴルフは22日、大阪府の茨木カンツリー倶楽部を舞台に開幕。ホストプロの藤田寛之が2年ぶりの大会制覇を狙う。

 今年で40回目と長い歴史を誇る今大会は、昨年までの茨城県・大利根カントリークラブ 西コースから、大正12年(1923年)に大阪初のゴルフ場として旧コースが開場された茨木カンツリー倶楽部に舞台を移す。ディフェンディング・チャンピオンの金庚泰(韓)は米下部ツアー出場のため欠場となるが、トッププロたちによる熱い戦いが予想される。

 そのなかでもホストプロを務める藤田は、今季ここまでトップ10が5月の関西オープン(8位タイ)のみと寂しい状況。2014年大会では、最終日に「66」をマークし、首位と4打差の14位タイから逆転優勝。昨年は27位タイに終わり、トロフィ奪還に闘志を燃やす。

 また、現在賞金ランキングでトップを走る谷原秀人は、賞金王に向けて約400万円差で2位につける金庚泰が不在中に、差を広げておきたいところ。また、同3位につける池田勇太も、前週単独2位に終わった悔しさをバネに優勝を目指す。その他にも、2週連続優勝を狙うブレンダン・ジョーンス(豪)、前週単独4位に入った23歳・今平周吾ら注目選手がフィールド入りしている。

最終更新:9月21日(水)14時57分

ISM