ここから本文です

米大統領選 共和党の父ブッシュ元大統領がクリントン氏に投票すると発言 米CNN報道

産経新聞 9月21日(水)9時2分配信

 【ワシントン=加納宏幸】米CNNテレビによると、共和党のジョージ・H・W・ブッシュ元大統領(92)が、11月の大統領選で民主党候補のヒラリー・クリントン前国務長官(68)に投票すると発言したことが分かった。

 ブッシュ氏は既に自党候補の不動産王、ドナルド・トランプ氏(70)を忌避する構えだったが、大統領経験者が一歩進んで対立政党の大統領候補に投票する意思を示すのは極めて異例だ。

 ケネディ元大統領のめいでロバート・ケネディ元司法長官の長女、タウンゼンド元メリーランド州副知事(民主党)が19日にブッシュ氏と会った後、フェイスブックに「元大統領はヒラリーに投票すると私に言った」と投稿した。

 CNNがブッシュ氏に近い関係者の話として伝えたところでは、ブッシュ氏は19日、約40人が集まった会合の席でクリントン氏に投票する考えを語ったという。ただ、ブッシュ氏の報道担当者は「元大統領は私人として投票する」と述べるにとどめた。

 ブッシュ氏と長男のジョージ・W・ブッシュ前大統領、次男で大統領選に出馬したジェブ・ブッシュ元フロリダ州知事はトランプ氏を支持しない意向で、7月にトランプ氏を共和党候補に指名した党全国大会に出席しなかった。

 米メディアによると、元大統領の政権で国家安全保障担当大統領補佐官を務めたブレント・スコウクロフト氏を始め、2代のブッシュ政権の複数の高官や閣僚がトランプ氏の安全保障政策などへの不安からクリントン氏支持を表明した。

最終更新:9月21日(水)9時23分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。