ここから本文です

【神戸新聞杯】レッドエルディスト成長度MAX!

サンケイスポーツ 9月21日(水)10時1分配信

 今週の阪神競馬のメイン・神戸新聞杯(25日、GII、芝2400メートル)には、菊花賞を目指す3歳の精鋭が顔をそろえた。レッドエルディストは成長著しく、夏場にパワーアップを果たした。春は同厩舎のエアスピネルの陰に隠れがちだったが、世代のトップ戦線へ躍り出る準備は整った。

 ひと夏の成長をみせるときが、刻一刻と近づいている。ダービーで9着に甘んじたレッドエルディストが、野心を胸にトライアルに参戦。皐月賞、ダービーで4着の僚馬エアスピネルの引き立て役からの“脱皮”を誓う。

 「春に比べて体幹がしっかりとしてきました。キャンターの動きから力強くなっていますし、馬には不安要素がありません」

 20日朝の調整もスムーズに消化。福田助手からは充実ぶりと好気配が伝わってくる。

 春は良化の余地を大きく残しながらも青葉賞(2着)で権利を獲得して、ダービー(9着)に駒を進めた。強敵相手に力負けを喫したが、春当初からの陣営の評価が“奥手”だったことを思えば、勝ち馬からコンマ8秒差は悲観する材料ではない。

 ダービー後は放牧でリフレッシュ。無事に夏を過ごし、帰厩後の乗り込みも順調に進んだ。進化のほどは、調教の動きからも明らかで、CWコースで行われた1週前追い切りでは、エアスピネルに1馬身先着。笹田調教師も「見た感じは変わらないけど、エアに太刀打ちできるようになったことが成長を示しているね」と笑顔を見せた。

 もちろん福田助手のジャッジも同じで「春は(フットワークが)大きく緩くといった感じでしたが、この“緩く”が解消されてきましたね。走りにパワフルさが出ています」と続けた。

 2400メートル、右回りを含めた条件に不安はなし。本格化の道を歩み始めている芦毛のレッドエルディストが、GI戦線に新風を吹き込む。 (宇恵英志)

最終更新:9月21日(水)10時1分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]