ここから本文です

東京株、午前終値は80円安 一時1万6400円割れ 決定会合の終了待ちで様子見ムード

産経新聞 9月21日(水)11時55分配信

 21日の東京株式市場は続落している。日経平均株価の午前終値は、前日比80円18銭安の1万6411円97銭。一時1万6400円台を割り込む場面もあった。

 日銀金融政策決定会合が行われており、様子見ムードが続いている。

 日経平均株価は午前いっぱい軟調。小幅安で始まったが、徐々に下げ幅は拡大した。午前の安値は92円安の1万6399円。

 午前の対ドル円相場は101円台後半が続いているが、101円台半ばへと値上がりする時間もあった。

 東証株価指数(TOPIX)の午前終値は、前日比5.39ポイント安の1311.58。

最終更新:9月21日(水)11時55分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]