ここから本文です

菅義偉官房長官「政府全体で認識を共有」 きょう、もんじゅ関係閣僚会議

産経新聞 9月21日(水)12時36分配信

 菅義偉官房長官は21日午前の記者会見で、同日夜に官邸で開かれる高速増殖炉原型炉「もんじゅ」(福井県)の関係閣僚会議について、「政府全体で認識を共有する必要がある。いつごろまでかかるかも含め、いろんな議論をふまえる」と語った。

 菅氏はまた、もんじゅが中核を担う核燃料サイクルの維持に関しても議論になるとの見通しを示したが、実験炉「常陽」(茨城県)の活用やフランスとの共同研究案については「当初と比べていろんな動きが出ていることもふまえ、方向性を共有していきたい」と述べるにとどめた。

最終更新:9月21日(水)12時36分

産経新聞

いかにして巨大イカを見つけたか
人類は水中撮影を始めたときから巨大イカ(ダイオウイカ)を探し求めてきました。しかしその深海の怪物を見つけることは難しく、今まで撮影に成功したことはありませんでした。海洋学者であり発明家でもあるエディス・ウィダーは、ダイオウイカの初の撮影を可能にした知見とチームワークについて語ります。