ここから本文です

福原愛&江宏傑、結婚報告会見、一問一答(1)「感謝の気持ちでいっぱい」

産経新聞 9月21日(水)13時14分配信

 卓球女子でロンドン、リオデジャネイロ両五輪団体メダリストの福原愛(27)が21日、東京都内で結婚報告の記者会見を開き、「感謝の気持ちでいっぱい」と喜びを語った。会見には夫となった卓球のリオ五輪台湾代表の江宏傑(27)も同席した。

 会見の一問一答は以下の通り。

 

 福原「みなさまこんにちは、福原愛です。きょうはお忙しい中お集まりいただきまして、ありがとうございます。私事でありますが、9月1日に江宏傑さんと入籍させていただいたことをご報告させていただきたく、皆様にお集まりいただきました。リオ五輪の後にパラリンピックが開催されていましたので、一選手として、ご報告が遅くなってしまいました。私は日本中の方に小さい頃から支えてきただき、応援していただき、今日という日を迎えることができたと思っております。本当に皆様に感謝の気持ちでいっぱいです。今日はとてもいい機会だと思ったので、江宏傑さんを皆さんにご紹介させていただきたく、本人を呼んでいますので、ご紹介させてください。本日はよろしくお願いいたします」

 江「(登壇し立ったまま)コンニチワ。ハジメマシテ。ジャンデス。キョウハヨロシクオネガイシマス」

 --結婚を決めた理由は、どんなところに魅力を感じたのか?

 江「愛ちゃんは一緒の時はいつも温かく支えてくれて、いつも大きな気持ちで包んでくれている」

 福原「どんな些細なことでも相談にのってくれますし、どんな私でもいつも変わらず応援してくれるところです」

 --リオ五輪という大きなイベントを乗り切った。お互いはどんな存在だったか? 

 江「五輪は本当に大変だった。でも私たちは同じ目標があり、どんな結果でもベストを尽くしました」

 福原「五輪が開催される前の合宿はものすごくキツかったんですけれども、お互い励まし合いながら、五輪で絶対メダルを取ろうと毎日話しながら、五輪を迎え、五輪の期間中も苦しい毎日が続いたんですけれども、彼は団体戦からだったので、毎日励まして、支えてくださいまし、団体のときは二人で一緒に頑張ろうという気持ちで、はい。

最終更新:9月21日(水)13時14分

産経新聞