ここから本文です

福原愛&江宏傑、結婚報告会見、一問一答(3)「中国は強くて、いつも勉強させていただいている」

産経新聞 9月21日(水)13時18分配信

 --子育てなどしながら4年後を目指していく?

 福原「そういったところは相談しながら。家族と相談しながら、彼の家族、私の家族と相談しながら、いろいろなことを決めていきたいなっていうふに思っていますし。私にこういった相談できるっていう環境があることをすごく幸せに思っています」

 --婚姻届を提出した場所は?

 福原「9月の1日に東京都内の区役所の方で提出させていただきまして。日本人と台湾人なので、両方の場所で婚姻届をださなければいけないので、台湾の方でも出させていただきました」

 --ワールドツアーや来年の世界選手権は?

 福原「はい。先ほど申し上げた通り、私の中で家族、新しい家族っていう軸がまだ、本当に入籍してから20日前後しかたっていないので、そういった中でしっかりと軸を作ってから、また次のステージに進みたいなというふうに思っています」

 --まだ未定ということか?

 「そうですね。帰ってきてから1カ月でここまで気持ちを固めることができたっていうのは、私にとってとても大きなことですし、焦らずにじっくりと自分自身、そして彼と向き合いながら決めていきたいなというふうに思っています」

 --中国でもすごく人気がある。中国のファンに向けてひと言

 福原「はい。私たちは二人とも卓球選手ですし、中国はものすごく強くでいつもたいへん勉強させていただいております。これからも夫婦ともども、しっかりとたくさんのことを勉強させていただきたいなっていうふうに思っていますので、よろしくお願いいたします」

 江「私自身は中国でプレーする機会が少ないが、本当に中国の卓球は強い。これから中国でもプレーする機会があるよう願っているし、たくさんのことを勉強したいと願っている」

最終更新:9月21日(水)13時18分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。