ここから本文です

【オールカマー】ゴールドアクター1馬身半先着

サンケイスポーツ 9月21日(水)11時20分配信

 天皇賞・春12着のウップンを晴らすべく、昨年の有馬記念馬ゴールドアクターがリスタートする。

 朝一番の美浦Wコースで、トーセンアーネストを追走。4コーナーでトーセンの直後につけ、吉田隼騎手が外にエスコートすると、抜群の加速力で瞬く間に1馬身半差をつけた。そのスムーズすぎるギアチェンジには文句のつけようがない。この秋も動きは絶好だ。

 ただ、ジョッキーもさぞ満足げかと思いきや、予想外に浮かない顔。動き自体は「馬場は水を含んでいたが、一番いいところを走れたのでいつもどおり」と一定の評価ながら、春天でも垣間見せたイレ込みの話には一気に渋い表情を作った。

 「段々うるさくなっているのが気がかり。跨がる前から結構イライラしている。(カギの)一番はイレ込み。いろいろと工夫して、いいほうに出ればいいが…」。けいこでのパフォーマンスは依然としてハイクオリティーだけに、ジャッジが非常に悩ましいところだ。(夕刊フジ)

最終更新:9月21日(水)11時20分

サンケイスポーツ

スポーツナビ 競馬情報

重賞ピックアップ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

暗闇で光るサメと驚くほど美しい海洋生物たち
波のほんの数メートル下で、海洋生物学者であり、ナショナルジオグラフィックのエクスプローラーかつ写真家のデビッド・グルーバーは、素晴らしいものを発見しました。海の薄暗い青い光の中で様々な色の蛍光を発する驚くべき新しい海洋生物たちです。彼と一緒に生体蛍光のサメ、タツノオトシゴ、ウミガメ、その他の海洋生物を探し求める旅に出て、この光る生物たちがどのように私たちの脳への新たな理解を明らかにしたのかを探りましょう。[new]