ここから本文です

SMAPの紅白出演は「気持ちが一番大事」 NHK放送総局長が言及

産経新聞 9月21日(水)17時7分配信

 NHKの木田幸紀放送総局長は21日の定例会見で、年内で解散する人気グループ、SMAPが大みそかの紅白歌合戦に出場する可能性について、「出場していただく方には出場を楽しんでもらいたいというか、悔いのないパフォーマンスをしていただきたい。そうすると、見ているわれわれも『今年はこれで締めくくるぞ』という気持ちになる。まずは出場する方々の気持ちが一番大事だと思う」と語った。

 SMAPをめぐっては、NHKの籾井勝人会長が今月8日の定例会見で、「あれだけのグループですので、ぜひ私は紅白歌合戦に出てほしいと思います。私が出て行って済むなら出る(出演交渉する)ことはいといません」と、出演ラブコールを送っていた。

 木田放送総局長は「(籾井)会長が『俺が行く(出演交渉する)』と言われたら止めることはしませんけど…」と苦笑い。木田放送総局長自身が直接出演交渉する可能性について問われると、「長年の経験で言うと、総局長が行ったからどうこう、ということはない。現場の信頼関係の積み重ねで話が進められるのが一番いい」と語った。

 NHKの紅白担当者は「先日、テーマが発表されたばかりで、それに向かって内容や出演者などの調整を進めているところ。具体的なオファーはしていません」と述べた。

最終更新:9月21日(水)17時7分

産経新聞

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。