ここから本文です

「ら抜き言葉」初めて逆転 「見れた」「出れる?」 国語世論調査 

産経新聞 9月21日(水)17時31分配信

 21日に発表された文化庁の平成27年度「国語に関する世論調査」では、文法上誤りとされる「ら抜き言葉」も調査対象となり、「見れた」や「出れる?」などの使用割合が初めて本来の表現を上回った。

 「ら抜き言葉」の調査は今回が5回目。「見られた」と答えた人は44.6%で「見れた」は48.4%、「(早く)出られる?」は44.3%で「(早く)出れる?」は45.1%と、それぞれ逆転した。

 いずれも年代が若くなるほど「ら抜き」を多用する傾向がみられ、40代以下はどの年代も5割を超えた。ほかにも「来れますか」が44.1%で「来られますか」の45.4%に肉薄した。

 こうした傾向について、文化庁の担当者は「逆転したのは『ら抜き』にすることで意味が正確に伝わる可能性が高い言葉ばかり。例えば『見られた』だと受け身の表現にも聞こえる。らを抜くと意図が伝わりやすいので多くなっているのかもしれない」としている。

 慣用句の使用状況では、混乱した様子を表す「上を下への大騒ぎ」が22.5%なのに対し、間違った表現の「上や下への大騒ぎ」は60.8%に上った。眠りから覚めたときの気分の悪さを表す「寝覚めが悪い」は37.1%にとどまり、「目覚めが悪い」が57.9%となった。

 また、「確信犯」は本来、ある行為を信念に基づき正しいと信じて行った人を意味するが、正答は17.0%。逆に、ある行為を悪いことであると分かって行った人としたのは69.4%にも上った。誤答は同じ質問が出た14年度から11.8ポイント上昇した。

 上司への敬語を使うべき場面を尋ねた調査では、設定された全ての場面で「使うべきだ」と回答した人が過去の調査を上回った。ただ「仕事の後、2人で飲みに行った酒場で話すとき」は46.4%と5割に届かなかった。

 課長に部下が呼びかける際の望ましい呼び方では、「課長」の62.5%がトップ。「名字に『さん』を付ける」は16.0%だったが、8年度調査(8.8%)に比べ2倍近くに伸びた。

最終更新:9月21日(水)17時31分

産経新聞