ここから本文です

「リング」の貞子と「呪怨」の伽椰子が360°「ホラー」動画で共演!

サンケイスポーツ 9月21日(水)21時50分配信

 今年6月に公開されたホラー映画「貞子vs伽椰子」で対決した、「リング」の山村貞子と「呪怨」の佐伯伽椰子(かやこ)が、360°カメラを使った「ホラー」動画で共演することになり、21日、撮影がスタートした。

 参加したのは、今年12月2日にブルーレイとDVDでリリースされる「貞子vs伽椰子」(白石晃士監督)に出演する七海エリー(貞子役)と遠藤留奈(伽椰子役)の2人。撮影クリエーターはYou TuberのFischer’sの4人。

 今回は、実際に映画で使われた井戸やカツラ、衣装なども小道具として提供を受けた。無言のまま怖さを強調する貞子と伽椰子を見たFischer’sのメンバーは「僕が深夜、トイレに行けなくなった原因が(目の前に)…」、「眼を閉じてシャンプーをしながら(頭に)浮かびそうだ。眼を開けて洗えないし…」、「とにかく怖い!」と恐怖に怯えた様子。

 最初に貞子と伽椰子に挨拶したのかという問いには「よろしくお願いしますと言いましたが、無言でした。もう映画で観る、そのまんまの怖さでした」と話していた。

 世界9カ所にあるYou Tube Spaceで、応募したYou Tuverが「最も恐れているものが現実になる」をテーマに360°ホラーを撮影するプログラムで、10月下旬からYou Tube上で一斉に公開される。

最終更新:9月23日(金)17時56分

サンケイスポーツ

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。