ここから本文です

(朝鮮日報日本語版) シム・ウンギョン、主人公マンボクに共感

朝鮮日報日本語版 9月21日(水)14時45分配信

 21日午前、狎鴎亭CGVで映画『ウォーキング王』の制作報告会が行われ、主演のシム・ウンギョンが出席した。

【写真】 シム・ウンギョン主演映画『ウォーキング王』制作報告会

 先天性の乗り物酔い症候群、17歳のマンボク役を演じたシム・ウンギョン。やりたいことも情熱もないマンボクというキャラクター設定に「どこか自分の中学生時代と似ていた」と感じたシム・ウンギョンは、台本を読み進めるうちに「すぐにやらなきゃ。これを演じれば後悔しないはず」と思ったという。

 シム・ウンギョンは「学生時代はとても平凡だった。中学生のときはすでに女優をやっていたけれど、将来何をやればいいのか、どんな大人になればいいのかとても悩んだ。そんな学生時代のことが思い浮かんだ」と話した。

 シム・ウンギョンは「この作品を見て、急がなくてもいい、ゆっくり自分がやりたいことを続けていけばいいと思っていただけるとうれしいです」と語った。

最終更新:9月21日(水)14時46分

朝鮮日報日本語版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。