ここから本文です

宇多田ヒカルが6年ぶりCM出演、サントリー天然水CMで登山ロケ

CINRA.NET 9月21日(水)10時55分配信

宇多田ヒカルが「サントリー天然水」のCMに出演することがわかった。

9月28日にニューアルバム『Fantôme』をリリースする宇多田ヒカル。出演するのは9月25日から全国で放送されるサントリー天然水の新テレビCM「水の山行ってきた 南アルプス」篇となり、宇多田が山道を歩き、自然を楽しんでいる様子が映し出されている。またCMソングには『Fantôme』収録曲の“道”が使用されている。

【もっと画像を見る(7枚)】

撮影は8月下旬に南アルプスで敢行。標高2072メートルの登山口から栗沢山山頂を目指すルートの各所で行なわれた。宇多田がCMに出演するのは約6年ぶり。PVやCM撮影を含め、宇多田が国内でロケ撮影をするのは今回が初だという。サントリーのYouTubeチャンネルでは、CMのメイキング映像や宇多田のインタビューも公開中だ。

■宇多田ヒカルのコメント
私自身、こんなにハードな撮影はもしかしたら初めてだったかもしれないんですけど、自然の中で撮影できたことがすごく気持ちよかったです。登山も下山も、アラサーのインドア派ミュージシャンにしては上出来だったと思います(笑)。危ないところはガイドさんがちゃんと先導してくださって、ついてきてくださいって感じだったので、全然怖くなかったです。撮影チームの皆さんは、高品質な映像を撮るために、重い機材を大勢のスタッフで山に運んでいました。普通に登るだけでもキツイ山道なのに、そんなにいっぱい持ってっちゃうのって感じで、私よりも全然辛い思いをしていたので、それに比べたら楽な役回りだったと思います。天候も現場に来る前、友達から「すごい台風来てるよ!」「どんな撮影になっちゃうの?」「中止でしょ!」って、さんざん言われていたんですけど、2日間とも晴れちゃって、周りのみんなも「奇跡だ!」って喜んでいました。お陰で無事撮影することができて、本当にありがたいなと思いました。

CINRA.NET

最終更新:9月21日(水)10時57分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。