ここから本文です

『MIB』監督が挑む猫映画『メン・イン・キャット』、傲慢社長が猫に

CINRA.NET 9/21(水) 12:08配信

映画『メン・イン・キャット』が、11月25日から東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

【もっと画像を見る(7枚)】

映画『アダムス・ファミリー』『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督による同作。仕事一筋で家庭を顧みない傲慢な社長のトムが、娘の誕生日プレゼントに苦手な猫を買った帰り道にビルから転落したことから、彼の意識が猫の身体に移ってしまうというあらすじだ。

猫の身体になり、ペットとして家族に迎えられるトム役を演じるのはケヴィン・スペイシー。トムの妻役にジャニファー・ガーナー、怪しいペットショップ経営者役にクリストファー・ウォーケンがキャスティングされている。

CINRA.NET

最終更新:9/21(水) 12:08

CINRA.NET

なぜ今? 首相主導の働き方改革