ここから本文です

『MIB』監督が挑む猫映画『メン・イン・キャット』、傲慢社長が猫に

CINRA.NET 9月21日(水)12時8分配信

映画『メン・イン・キャット』が、11月25日から東京・有楽町のTOHOシネマズシャンテほか全国で公開される。

【もっと画像を見る(7枚)】

映画『アダムス・ファミリー』『メン・イン・ブラック』シリーズのバリー・ソネンフェルド監督による同作。仕事一筋で家庭を顧みない傲慢な社長のトムが、娘の誕生日プレゼントに苦手な猫を買った帰り道にビルから転落したことから、彼の意識が猫の身体に移ってしまうというあらすじだ。

猫の身体になり、ペットとして家族に迎えられるトム役を演じるのはケヴィン・スペイシー。トムの妻役にジャニファー・ガーナー、怪しいペットショップ経営者役にクリストファー・ウォーケンがキャスティングされている。

CINRA.NET

最終更新:9月21日(水)12時8分

CINRA.NET

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

斬首動画が何百万回も再生されてしまう理由
昔は街の広場で、現代はYouTubeで。歴史を通じ、公開処刑には必ず人だかりがつきものでした。人が処刑というものを、恐ろしく不快に感じながらも、つい気になって見てしまうのはなぜか。フランシス・ラーソンが人間と公開処刑の歴史、中でも斬首刑に焦点を当てて解説したこのトークは、気分の良い内容ばかりではありませんが、同時に興味をそそること間違いないでしょう。