ここから本文です

武井咲×タッキー「せいせいするほど~」まさかのラストに「あんな終わり方あるんやな」「素敵」。“モンスター嫁”には「かっこよかった」宮沢には「優しさに号泣」の声

E-TALENTBANK 9月21日(水)9時55分配信

20日(火)に最終話が放送されたドラマ「せいせいするほど、愛してる」。

これまで、数多くのトラブルを乗り越えながらも、お互いその思いを消すことが出来なかった海里と未亜。ついに逃避行を決行するも、優香に居場所が見つかってしまった二人は…。と言う展開から最終話が始まり、ストーリー展開が注目を集めた。

逃避行が見つかった後、未亜は仕事を辞め実家で海里を忘れられないままの生活を送っていた。また、海里は社長に就任。こちらは仕事を忙しくすることで、何かを忘れようとしている様子だった。そんな時、未亜がある店でティファニーのヴィンテージ商品を見つけ、そこからまた不思議な二人の運命が転がっていく、という展開を見せた。

ドラマのラストでは、まさかの展開が待ち受けており、この最後に視聴者からは「すごいいい終わり方」「あんな終わり方あるんやな~」「気持ちいいな」「幸せすぎかよ~~~」「最高の終わり方」「素敵~~いいな~~」と、絶賛する声が相次いだ。また、これまでの刺激的な展開や、二人の仲が“不倫には違いない”ということから、妻・優香に感情移入していた人も多かったようで「あまりせいせいしない終わり方だったなあ…」「これで良かったのか…?(笑)」「もっともっとドロドロしてくれよ」という意見も一部見られた。

また、これまでその“怪演”が話題になっていた、木南晴夏演じる優香の最後の行動には「これは 泣ける」「奥さん神」「奥さんがあんなこと言うとは思わんくてもうやばかった(笑)」「奥さんよく決断したと思うわ」「奥さんいい人すぎる」「奥さんも色んな思いがあったんだろうなぁ。」「一番泣けたの奥さんのところだわあ。なんか奥さんに一番共感できたなあ」「奥さんほんとよくやった」「最後の奥さんはすごいかっこよかったし。」という感想が寄せられていた。

そして、劇中で“ジミーチュウの宮沢さん”として女性から大きな人気を得ていた中村蒼演じる宮沢は、最終回でも未亜を助ける手助けをしており、「宮沢さんの優しさに号泣」「まじで宮沢さんかっこよすぎる」「宮沢さんいい人すぎる」「宮沢さんの笑顔と性格最後まで素敵だわ」と賛美のコメントが後を絶たなかった。

最終更新:9月21日(水)9時55分

E-TALENTBANK