ここから本文です

マカオのカジノ施設で新たに5枚の偽札見つかる…HSBC版1千香港ドル紙幣に酷似=計25枚すべて同一番号

マカオ新聞 9/21(水) 10:58配信

 今月(9月)13、14日にかけて、マカオの6つのカジノ施設で額面1千香港ドル(日本円換算:約1万3千円)の偽札が20枚見つかった。

 マカオ司法警察局によれば、見つかった偽札はいずれもHSBC版2010年デザインの1千香港ドル紙幣を模したもので、発行日は「2012年1月1日」、番号は「CQ256474」で同一だったとのこと。また、透かしやホログラムなど偽造防止加工の一部に粗さが見受けられたものの、手触り、色合いとも本物に近い精巧なものであったという。

 これを受け、同局が9月16日に偽札の特徴などを広く公開して注意を呼びかけたが、15日に3枚、19日に2枚の同種の偽札が新たにコタイ地区のカジノ施設で見つかったことが明らかになった。

 15日の事案はゲーミング(カジノ)テーブルに設置されたキャッシュボックスの中から見つかったもので、カジノ施設の警備担当者が司法警察局に通報。19日の事案については、中国本土出身のギャンブラーの女が5万香港ドル分=額面1千香港ドル紙幣50枚をゲーミングチップに両替しようとした際、札束の中から同一番号の紙幣が2枚見つかったため、司法警察局に通報。鑑定の結果、近日相次ぎ見つかった偽札と同じものであることが判明したという。司法警察局は女の身柄を拘束し、故意に使用したかどうかについて詳しい調査を進めているというが、女は他人から頼まれて両替しただけだと話しているとのこと。

 香港及びマカオでは、およそ2年前に2003年版の中国銀行、HSBCが発行した1千香港ドル紙幣の精巧な偽札が少なくとも200枚見つかる事件があった。この際、カジノ、一般商店、銀行でも偽札が見つかったことを受け、市街の商店を中心に1千香港ドル紙幣の受け取りを拒否する動きが広がった。

 マカオの法定通貨はマカオパタカだが、市場では一般的に香港ドルがほぼ等価で流通している。特に、カジノや不動産取引の現場などで香港ドルを使うのが一般的とあり、事実上のマカオにおける主要流通通貨のひとつとして取り扱われている。

最終更新:9/21(水) 10:58

マカオ新聞