ここから本文です

「旦那が浮気…?」 探偵費用は結構高い。費用を抑えるコツは?

マネーの達人 9月21日(水)5時11分配信

もしかして…

最近、彼や旦那の行動がおかしい……。

スマホを肌身離さず持ち歩くようになった、電話に出ない時間が多くなった、性交渉を拒むようになったなどなど、疑わしいと思えることはたくさんあります。

しかし、実際に考えすぎ、誤解ということもあり得るので一概に、勘だけで浮気だと決めつけるのもリスクが大きいですよね。

こんな時、浮気の証拠をつかむのに有効なのが、探偵や興信所など浮気調査のプロです。実際に調査を依頼した時、どのくらいの金額がかかるのでしょうか?

浮気調査の料金形態は「時間制」がほとんど

調査員が行動調査浮気調査でかかる費用のほとんどは調査員が行動調査をする時間に対してのものです。調査員が稼働する時間や日数に応じて加算されていきます。

そして、遠距離移動などで別途料金がかかることがあった場合は、調査費用に上乗せがされます(短距離の車移動などは調査員の稼働料金に含まれることもあります)

■一般的に調査員の行動調査にかかる相場

1万5000~2万5000円 / 時間(調査員2人の場合)

とみておくといいと思います。

■1日2時間で7日間調査を依頼した場合

2万5000円 × 2時間 × 7日間 = 35万円 + 諸経費と言った計算になります。

予め分かっている情報が多いほど費用は抑えられる

浮気調査の料金相場については分かっていただけたと思います。

思った以上にかかるなぁ

という印象ではないでしょうか。

こんな時に、ある程度浮気であると絞り込める情報を事前に提供できると安くすることができるのです。

・ 浮気相手の個人情報(写真や名前、勤め先や行動パターンなど)
・ 彼や旦那の行動が怪しくなる曜日や時間帯
・ メールやLINEなどの履歴

こういったものがあると、調査時間を絞り込むことができるので、その分費用を抑えることができます。

しかし予算を抑えたいがために、無理をして事前情報を掴もうとすると、却ってこちらが怪しまれてしまいます。その点は気を付けてください。

1/2ページ

最終更新:9月21日(水)5時11分

マネーの達人