ここから本文です

東大など、微小動物「クマムシ」から放射線耐性たんぱく質を発見

日刊工業新聞電子版 9/21(水) 12:23配信

老化防止などに応用

 東京大学大学院理学系研究科の國枝武和助教らは、放射線への耐性を高める新規のたんぱく質を微小動物「クマムシ」の全遺伝情報(ゲノム)から発見した。同たんぱく質を作る遺伝子をヒトの培養細胞に導入。通常であれば細胞の増殖能力を失うレベルの線量のX線を細胞に照射したところ、一部の細胞は増殖能力を維持することが分かった。

 クマムシは、ヒトの致死量の約1000倍の放射線に耐えられる。特に脱水し「乾眠」と呼ばれる仮死状態になると、放射線だけでなく超低温、高温、真空などさまざまな極限環境に耐えられるようになる。研究チームはクマムシの中でも極限環境に強い「ヨコヅナクマムシ」のゲノムを解読した。

 新規のたんぱく質は「Dsup(ディーサップ)」と名付けた。同たんぱく質をヒト培養細胞に導入し、X線を照射したところ、未導入の細胞と比べてDNA切断量が約半分に低下した。

 解析の結果、同たんぱく質は、放射線と水分子が反応して発生する活性酸素からDNAを保護し、DNAの切断を防いでいることを突き止めた。

 國枝助教は研究成果の応用について「ヒトが致死量の放射線を浴びることはあまり考えられない。放射線対策というよりも、まずは活性酸素からDNAを守る働きを老化の防止などに応用する方が現実的だ」と話す。

 慶応義塾大学先端生命科学研究所や国立遺伝学研究所などとの共同研究。成果は21日、英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載される。

最終更新:9/21(水) 12:23

日刊工業新聞電子版

TEDカンファレンスのプレゼンテーション動画

北朝鮮からの脱出
北朝鮮での幼少時代、『ここは地球上最高の国』と信じていたイ・ヒョンソだったが、90年代の大飢饉に接してその考えに疑問を抱き始める。14歳で脱北、その後中国で素性を隠しながらの生活が始まる。 これは、必死で毎日を生き延びてきた彼女の悲惨な日々とその先に見えた希望の物語。そして、北朝鮮から遠く離れても、なお常に危険に脅かされ続ける同朋達への力強いメッセージが込められている。